BIOGRAPHY

 ASHが結成されたのは1992年、アイルランドのベルファスト、それまでTimとMark(当時15歳)でやっていたメタルバンドにRick(当時17歳)が加わりASHがスタート。

Tim Wheeler (Vo,G)

Mark Hamilton (B)

Rick McMurray (D)

Charlotte Hathreley(Vo,G)(1997年加入)

 最初のギグは30人ぐらいの前で演奏。そしてLa La Landから1stシングルJack Name The Planetsをリリース。 その後、1994年、Fierce Pandaの7インチのコンピに参加(6バンド、Super Grassなどと)。この時、ASHは、Helen Loveのカバー、Punk BOYで参加。

 そして1994年7月にInfectious Recordsと契約(現在も同レーベル)。そして2ndシングル、Petrolをリリース。この時は、まだ学校に通う高校生。そして8月には、パブや小さいライブハウスを回るツアーをイギリスで行う。そして9月地元ベルファストに戻りライブや他のバンドのサポートを務める。そして10月には、Elasticaのイギリスツアーの前座を務める。12月、ミニアルバムTrailerをリリース。

 1995年3月、当時ライブの最後で演奏するKung FUをリリース。Kung FUはインディー・チャート1位に輝く(ナショナル・チャート57位)。そして6月19日に高校を卒業する。そして6月23日にはGlastonbury Festival(この時僕は、ASHを生で見る)で演奏。7月に出したシングルGirl From Marsがナショナル・チャート初登場11位に輝く。8月にはReading Festivalにも出演。10月に出したシングルAngel Intercepterがナショナル・チャート初登場14位に輝き、これによって1994年に出したミニアルバム、Trailerがインディー・チャート9位まで急上昇する。この頃ASHは、初来日する。来日中のホテルで部屋を破壊し、この事はイギリスにも伝わる。この年のNME BRAT AWARDSにノミネートされる。

 1996年5月にアルバム、1977がリリース。このアルバムは、ナショナル・チャート1位に輝く。そしてイギリスツアー後Reading Festival(この時もASHを現地で見る)に出演。9月には2度目の来日。この年はツアーの毎日、日本の他、アメリカなどを回り、12月に地元ベルファストでクリスマス・ライブを行う。

1997年にはGlastonbury Festival(僕もこの年見に行く)で2回のステージを行う。2回とは、2日目のOther Stageのトリが本来の出番で、最終日スペシャルゲストが見つからず、しかも1人キャンセルがあって、最終日、本来出番のないASHが、Main Stageでトリ(この年のGlastonburyのおおとり)を務める。そして元NightnurseのCharlottoが加入、4人になったASHはV97に出演。10月には、シングルA Life Less Ordinaryをリリース、この曲は、映画A Life Less Ordinary(邦題.:普通じゃない)の曲。

1998年2月からアルバムづくりを開始し8月にリリース。この年ASHのロゴを小文字から新しいものに変える。

1999年2月に来日、8月にはFuji Rock Festival(4人でLee"SCRACH"Perryを見る)にも出演。

その後、しばらく曲作りや休養を取り、2001年1月29日シングルShining Lightをリリース。この時前のロゴから新しい物に変える。

すいません以降作成中です。

Copyright (C)1999-20xx Takehiko's Field & ASH UNOFFICIAL SITE JAPAN All Rights Reserved.